RSS

作成者別アーカイブ: タバチン

【In My Life】George Martin

プロデュース力が光る名手の引退記念盤

George_Martin-In_My_Lifeザ・ビートルズと共にロックの道を切り開いた名プロデューサー、ジョージ・マーティン1998年リリースのアルバム。

彼の豊富な人脈と多彩なアレンジセンスが惜しみなく発揮されビートルズの楽曲を現代に蘇らせた、実質引退盤。

ジョージ・マーティン

『イン・マイ・ライフ』

リリース1998.3.18

Read the rest of this entry »

広告
 
コメントする

投稿者: : 2013年6月28日 投稿先 3.Rock(ロック)

 

【WAR(闘)】U2

世界を変えるリアルロック

war_u2音楽巴塾も最終回を迎えた。三者三様の独自レビューを1年に渡り書いてきたが、ラストには最も精神的に影響を受けたバンドの中から紹介したい。

そのバンドはU2。The Policeと並び思春期に多大なイマジネーションを湧かせてくれたロックだ。

秀作ばかりのU2の中でも衝撃的な初期時のアルバムを取り上げる。

U2

『WAR(闘)』

リリース1983.2.28

Read the rest of this entry »

 
コメントする

投稿者: : 2013年3月14日 投稿先 3.Rock(ロック)

 

【Electric Ladyland】The Jimi Hendrix Experience

エレキギターの始まりと終わり。

electric

Electric Ladyland

ロックの名作というよりはロックギターの教本。

時は1968年、今から45年も前のアルバム。

ロックにおけるギターというのはこのアルバムからあまり変わっていないのかもしれない。

ジミヘンドリックスの3作目にして存命最後のスタジオアルバム。

ザ・ジミ・ヘンドリックス・イクスペアレンス

『エレクトリック レディランド』

リリース1968.10.25

Read the rest of this entry »

 
1件のコメント

投稿者: : 2013年2月13日 投稿先 3.Rock(ロック)

 

【狂気 – The Dark Side of the Moon】Pink Floyd

狂気という名の鎮静剤

The Dark Side of the Moon

やはりロックの名盤といえばこのアルバムは必ず入ってしまう。この作品をまとめるというのは文字数が足りないくらい非常に難儀な傑作である。というか、長過ぎたので削った。

ピンク・フロイドの8作目として1973年3月の発売から40年。現在も売れ続けている超ロングセラーアルバムである。

歴史的ロック名盤の大本命といえる『狂気』の魅力を探ってみる。

ピンク・フロイド

『狂気』

リリース1973.3.24

Read the rest of this entry »

 
コメントする

投稿者: : 2013年1月14日 投稿先 3.Rock(ロック)

 

Best Rock Album of 2012


alberta cross
cp-sunshesaidDrive like mariaGary Clark Jr.

2012年に発売されたRock系アルバムの中でお気に入りの10枚をまとめ。

2012年は大御所の新作発表も多くあった。KISS、エアロスミス、ヴァン・ヘイレン、ASIA、ブルース・スプリングスティーン、ドナルド・フェイゲン、Heart、Roxette、Rush、サンタナ、スマパン、サウンドガーデン、etc・・・・・。意外(?)とベテラン勢もかなり良作揃い!特にASIA、ドナルド・フェイゲン、スプリングスティーンあたりは10枚の中に入るくらいナイスなのだが、惜しくも今回の10枚を超えるほどではなかった。
そんなビッグネームを抑えた10枚+1枚。毎年ヘヴィーロックなアルバムが多いのだが、今年はまとめてみたら、どちらかというとフォーク色が強い傾向でヘヴィーロックではほとんど良作に出会わなかった。それは、ハードな路線の曲がことごとく飽和状態で新鮮味にかけてたからか。それか、聴く耳や好みがシフトしはじめているのか・・。

しかし、RollongStone誌AllMusicが選ぶものとは毎年違うんだよね。こういう趣味ものって聴く側のスタンスで大きく変わるから、ランキングというのは本当に商業色が強いのだなと思う。

とにかく今年もたくさんの良いアルバムに出会えたことには違いない。
ランキング付けはしないので、上からアルファベット順(バンド/アーティスト名)に綴る。

gaslight anthemgreg laswellPhilip Sayceshinedown-amaryllisEat Dirt

by タバチン

※これは筆者であるタバチンの個人的な10枚であることをお忘れなく。。

Read the rest of this entry »

 
コメントする

投稿者: : 2012年12月29日 投稿先 4.Other(その他)

 

【Celebration Day】Led Zeppelin

Rockのあるべき姿の1つの究極の完成系。

Led Zeppelin / Cerebration Day(2012)

Led Zeppelin / Cerebration Day(2012)

これは2007年12月11日にロンドンのO2アリーナで行われた一夜限りの再結成ライヴの記録である。
伝説のバンドがこの時代に蘇る・・
これはまさに奇跡としか言いようがない出来事なのだ。

『Rock』とは何なのかの1つの答えを知りたいなら必聴すべき1枚である!

レッド・ツェッペリン
「セレブレーション・デイ/祭典の日(奇跡のライヴ)」
リリース2012.11.21
 
 
 
 
 
 


Read the rest of this entry »

 
2件のコメント

投稿者: : 2012年12月13日 投稿先 3.Rock(ロック)

 

【Try! John Mayer Trio Live in Concert】John Mayer Trio

現在の三大ギタリストと謂わしめる傑作

John Mayer Trio / Try! John Mayer Trio Live in Concert(2005)

女性に非常に人気の高いジョン・メイヤー。

今のところ唯一男臭いアルバムが本作。

元々アルバムよりもライヴで異常なまでのパワーを発揮するアーティストが本作でローリングストーン誌2007年2月号に「現代の三大ギタリスト」の1人として選ばれるにまでなった。

その理由はすべてこの中にある。

ジョン・メイヤー・トリオ

『トライ!』

リリース2005.11.10

 
コメントする

投稿者: : 2012年11月14日 投稿先 3.Rock(ロック)

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。