RSS

Best Rock Album of 2012

29 12月


alberta cross
cp-sunshesaidDrive like mariaGary Clark Jr.

2012年に発売されたRock系アルバムの中でお気に入りの10枚をまとめ。

2012年は大御所の新作発表も多くあった。KISS、エアロスミス、ヴァン・ヘイレン、ASIA、ブルース・スプリングスティーン、ドナルド・フェイゲン、Heart、Roxette、Rush、サンタナ、スマパン、サウンドガーデン、etc・・・・・。意外(?)とベテラン勢もかなり良作揃い!特にASIA、ドナルド・フェイゲン、スプリングスティーンあたりは10枚の中に入るくらいナイスなのだが、惜しくも今回の10枚を超えるほどではなかった。
そんなビッグネームを抑えた10枚+1枚。毎年ヘヴィーロックなアルバムが多いのだが、今年はまとめてみたら、どちらかというとフォーク色が強い傾向でヘヴィーロックではほとんど良作に出会わなかった。それは、ハードな路線の曲がことごとく飽和状態で新鮮味にかけてたからか。それか、聴く耳や好みがシフトしはじめているのか・・。

しかし、RollongStone誌AllMusicが選ぶものとは毎年違うんだよね。こういう趣味ものって聴く側のスタンスで大きく変わるから、ランキングというのは本当に商業色が強いのだなと思う。

とにかく今年もたくさんの良いアルバムに出会えたことには違いない。
ランキング付けはしないので、上からアルファベット順(バンド/アーティスト名)に綴る。

gaslight anthemgreg laswellPhilip Sayceshinedown-amaryllisEat Dirt

by タバチン

※これは筆者であるタバチンの個人的な10枚であることをお忘れなく。。

■■1枚目■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Alberta Cross(アルバータ・クロス)-『Songs of Patience』

alberta cross
1. Magnolia
2. Create Of Gold
3. Lay Down
4. Come on Maker
5. Ophelia On My Mind
6. Wasteland
7. I Believe In Everything
8. Life Without Warning
9. Money For The Weekend (Pocket Full of Shame)
10. Bonfires
Released 2012.7.17
 
NYブルックリンを拠点にするアルバータ・クロス。1stは5人編成だったがこの2ndアルバムからスウェーデン出身のピーター・エリクソン・ステーキー (vocals, guitar) とロンドン出身のテリー・ウォルファース (bass)の2人組ユニットになった。
ピーターの父親がシンガーソングライターで幼少時イギリスとスウェーデンを行き来していたこともあり様々な音楽に影響を受ける。そんな生い立ちを持つピーターが創りだす楽曲群は、サザンロック的な地に足の着いたアーシーなサウンドを核にし、ちょっぴり切ない北欧ハイトーンヴォーカルにUK的メロディーが印象的な“歌もの”である。豪快なロックやシューゲイザー、フォーク、カントリーなどUKとUSのエッセンスがうまく調和していて、地平線が広がる大地に立っている感覚に陥るくらいのイメージを与えてくれる今後が楽しみなバンドである。
2010年のフジロックにも来日しライヴを披露している。ノエル・ギャラガー(exオアシス)やニール・ヤングも絶賛しているバンド。

■■2枚目■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Cat Power(キャット・パワー)-『Sun』

cp-sun
1.”Cherokee”  4:45
2.”Sun”  3:19
3.”Ruin”  4:33
4.”3,6,9″  4:00
5.”Always on My Own”  2:23
6.”Real Life”  2:37
7.”Human Being”  3:28
8.”Manhattan”  5:16
9.”Silent Machine”  4:00
10.”Nothin’ But Time”  10:55
11.”Peace and Love”  3:37          Released 2012.8.29
米アトランタ出身の女性シンガーソングライター、ショーン・マーシャルのソロプロジェクトであるキャットパワーの9枚目のアルバム「Sun」。エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)が参加した2003年発表の6thアルバム「You are free」のヒット以降、着実にファンを増やしている。
ドライで音数が少なくゆったりとしたアンビエントなサウンドの中に、透明感のあるヴォーカルがとても印象的。その美貌と唯一無二のヴォーカルスタイルは本国USよりもフランスでカリスマ的な人気があり、そのことが示す通り芸術性が高いアーティストといえるだろう。楽器や音数は圧倒的に少ないが各々楽曲により効果的にサウンドを創っていてアレンジも良い。まさに孤高のアーティストだ。
9th目である今作には、なんとパンク界のゴッドファーザー、イギー・ポップがゲスト参加している。

■■3枚目■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Colour Haze(カラー・ヘイズ)-『She Said』

shesaid
1. She Said  18:42
2. This  2:12
3. Transformation  16:53
4. Breath  12:05
5. Slowdown  3:57
6. Stand In…  8:27
7. Rite  5:46
8. Grace  10:58
Released 2012.10.1
90年代初頭にアメリカの西海岸パームデザート出身のカイアスにより開花したストナーロック。アングラでほとんど馴染みがないであろうこのジャンル。ドゥームやゴシックに寄りのヘヴィーメタルのサブジャンルだがより大陸的で誇り臭い。日本ではBORISというとてもカッコいい世界的に有名なバンドもいるのだが、この系統ではドイツ出身のこのバンド、カラー・ヘイズが最もプログレ的であり、土臭さを感じさせる。
Stonerとは石(Stone)のように体が重くなる錯覚に陥る、ドラッグを使用したときの症状からきている。
ストナーロックバンドもドラッグを使用してトリップ状態で演奏しているとかいろいろあるのだが、つまりレッド・ツェッペリンが70年代にドラッグを常用しながらグルーヴ感の強いロックをやっていてアシッド・ロックと呼ばれていたのと同じである。ただ音楽性の原点はブラックサバスにあり、より重さとルーズさを求めたドゥーム、より様式美の強いゴシック、よりアシッドグルーヴを強調したストナーと時代が進むごとにサバスの遺伝子は地球全体に影響を与えていることがよくわかる。
さて、今回選んだ10枚の中で最もヘヴィーなバンドであるカラーヘイズもデビュー20年を目前としたベテランロックバンドである。トリオ編成ながら巧みな演奏技術とコンポーズセンスで、なかなか聴く側を飽きさせないのだ。中心人物のステファンのイマジネーションの賜物であろう。4年ぶり11枚目となる今作も金太郎あめの如くどこから聴いても「カラーヘイズじゃん」と判ってしまう個性的なグルーヴは健在。一瞬で前衛芸術的な世界に誘うヘヴィネス&グルーヴのアンサンブルはストナーロックバンドの中でもそうそういない。

■■4枚目■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Drive Like Maria(ドライヴ・ライク・マリア)-『Drive Like Maria 』

Drive like maria
1.”The Dog Died Rough”  
2.”Where The Brokenhearted Go”  
3.”Howl”  
4.”Black Horses”  
5.”Boomerang”  
6.”On The Road”  
7.”Settling Down”  
8.”Hypnotized”  
9.”Woke Up Hard”  
10.”Ghostrider”  
11.”Bury My Heart in The Desert”  
12.”Baby Seals & Rattle Snakes”  
13.”Video Games”             Released 2012.5.11
今年のBest1といえるドライヴ・ライク・マリアの2ndアルバム。かなりハマったのでへヴィーローテーションで繰り返し聴いてる。ベルギー人とオランダ人の混成で2009年デビュー時はリーダーのビョルン(Vo&Dr)とニッツァン(Gt)、ロビン(B)の変則3人組でだったが2012のセカンドからドラマーが加入。デビュー以来70年代テイスト満載の土臭い荒削りなバンドサウンドに洗練されたメロディーが特徴。紅一点のニッツァンが鳴らすギターがカッコいい。

■■5枚目■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Gary Clark Jr.(ゲイリー・クラーク・ジュニア)-『Blak & Blu』

Gary Clark Jr.
1.Ain’t Messin ‘Round
2.When My Train Pulls In
3.Blak and Blu
4.Bright Lights
5.Travis County
6.The Life
7.Glitter Ain’t Gold (Jumpin’ For Nothin’)
8.Numb
9.Please Come Home
10.Things Are Changin’
11.Third Stone From The Sun/If You Love Me Like You Say
12.You Saved Me
13.Next Door Neighbor Blues
14.Breakdown (Deluxe version bonus track)
15.Soul (Deluxe version bonus track)      Released 2012.10.22
2010年のクロスロード・ギター・フェスティヴァルのステージでどす黒く図太いギターを鳴らして話題と喝采をさらったオースティン出身のブルース・ギタリスト/シンガーソングライター、ゲイリー・クラークJr.の待望メジャー第1弾。コンテンポラリーなブルースロック、R&Bの楽曲に鳴り響くファンキーで個性たっぷりのゲイリーのギター。スタイルはもろにブツ切れテキサススタイル。久しぶりにハートで押しまくるテキサス系ミュージシャンに出会った感じ。
とにかくエリック・クラプトンが大絶賛。

■■6枚目■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

The Gaslight Anthem(ガスライト・アンセム)-『Handwritten』

gaslight anthem
1. 45
2. Handwritten
3. Here Comes My Man
4. Mulholland Drive
5. Keepsake
6. Too Much Blood
7. Howl
8. Biloxi Parish
9. Desire
10. Mae
11. National Anthem        Released 2012.7.24
米ニュージャージー州出身、2007年のデビュー。クラッシュのジョー・ストラマーの影響をうけスタートしたポストパンクバンド
初期の頃からサウンドは「ブルース・スプリングスティーンがパンクやってるような感じ」で、楽曲はとても馴染みやすいキャッチーなアメリカンロックバンドだ。アルバムを出すごとに楽曲が洗練されてきたがここまで良くなるとは。このアルバムでは既にパンク臭さは薄れちょっぴりグランジ寄りの今風なサウンドに。そして骨太で「ハートランドロック」なバンドに成長したといえるであろう。と思ったら、今作はブレンダン・オブライエンがプロデュース&ミックスしていた。どおりで骨太な訳だ。しかし、オブライエンのプロデュースマジックはスゴい。もともと躍動感のあるバンドだが、さらにリアルに生っぽさを感じる。ロックが生きている感じがする。このケミストリーは大正解だ。
今後のアメリカンロック、特にブルース・スプリングスティーン系の路線を背負うバンドであることは間違いない。じわじわと大物バンドになるだろう。
ジャケットがちょっぴりJazzっぽいが、中身はリアルなロックである。

■■7枚目■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Greg Laswell(グレッグ・ロズウェル)-『Landline』

greg laswell
1. Come Back Down (feat. Sara Bareilles)
2. I Might Drop By
3. Another Life To Lose
4. Eyes on You
5.  Back To You (feat. Elizabeth Ziman)
6. Late Arriving
7. Dragging You Around (feat. Sia)
8. Nicely Played
9. New Year’s Eves
10. It’s Settled Now
11. Landline (feat. Ingrid Michaelson)      Released 2012.4.24
 
アメリカ、カリフォルニア、サン・ディエゴを拠点シンガーソングライター5枚目のアルバム。アコースティックで透明感のあるサウンド。

■■8枚目■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Philip Sayce(フィリップ・セイス)-『Steamroller』

Philip Sayce
1.Steamroller2.Stung By A Woman
3.Marigold
4.Black Train
5.Rhythm And Truth
6.The Bull
7.Holding On
8.Beautiful
9.A Mystic
10.Aberystwyth               Released 2012.2.27
80年代にブルース&ブルースロックを復活させたギタリスト&シンガー、スティーヴィー・レイ・ボーン(SRV)。そのSRV亡き90年以降にゾロゾロと繁殖クローンのように出てきたいわゆるSRVフォロワーの一人。だが、フィリップ君は若い頃盲目のブルースロックギタリストジェフ・ヒーリーと数年ツアーを周り、その後メリッサ・エスレッジのバンドへと確実にライヴで腕を上げていく。そして2006年ソロデビューを飾る。
今現在、ブルースロックのGt&Voはジョー・ボナマッサが王道をひたすら走ているが、フィリップのスタイルはブルースを貴重としながらもコンテンポラリーで多彩な楽曲センスとエグさ満載のギタープレイ、そしてギターと同じ位のアグレッシヴなヴォーカルである。どこまでもロックし続けるエネルギーはこのジャンルの中では随一。フィリップのギターワークを聴いた後ボナマッサを聴くと何か物足りなさを感じてしまう。
このアルバムはかなりコンテンポラリーなロックで楽曲をとても重視したスタイル。あまりブルース臭さを感じさせないが、ツボを押さえた見事なギタープレイとヴォーカルが冴えわたり、なにより楽曲の構成センス、サウンドプロダクツが秀逸だ。
ジョン・メイヤーがジミヘンーSRVの流れを汲むストラトトーンと演奏スタイルのコマーシャルロックの後継者ならば、フィリップ・セイスはハードブルースの後継者であるだろう。

■■9枚目■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Shinedown(シャインダウン)-『Amaryllis』

shinedown-amaryllis
1.”Adrenaline” 3:26
2.”Bully” 4:02
3.”Amaryllis” 4:04
4.”Unity” 4:12
5.”Enemies” 3:08
6.”I’m Not Alright” 3:07
7.”Nowhere Kids” 3:11
8.”Miracle” 3:38
9.”I’ll Follow You” 3:58
10.”For My Sake” 3:47
11.”My Name (Wearing Me Out)” 3:36
12.”Through the Ghost” 4:01         Released 2012.3.26
 
クリード以降のポストグランジ勢からはあまり響く作品はなかった。唯一このシャインダウンがイケてたのだけど、それもキラーチューン数曲が効いてる。HM/HRやAlt Metal、ポスグラ、もっと言うとスクリーモ、ポストパンク、エモ、メロコアなど、とにかくギターロック系は超飽和状態で食傷気味。。そうはいってもこのアルバムはよくできているなと関心も含め、以前のイマイチあか抜けない中途半端なダーク&ヘヴィーの頃からは数倍洗練されてきている。

アイデアもよく、ニッケルバック並みのキラーチューンも冴え渡っている。

■■10枚目■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Susan Justice(スーザン・ジャスティス)-『Eat Dirt』

Eat Dirt
1.BORN BOB DYLAN
2.EAT DIRT
3.FORBIDDEN FRUITS
4.PAPER PLANES
5.I WONDER
6.MY SWEATER
7.JUST IMAGINE
8.DON’T BE A STRANGER
9.HELLO GOODBYE
10.YOU WERE MEANT TO SING
11.COMPANY
12.ALIV8
13.Beach Burn              Released 2012.3.28
 
スーザン・ジャスティスのこのアルバムは以前記事にしたのでこちらを参照。
3月に初めて聴いたときから素晴らしいアルバムだと感じて、結局今年の10枚の中に残りました。ここまで良質なPopアルバムを創っておきながら彼女がイマイチ表に出てこないのは、レーベル、レコード会社など善いプロモーターに巡り会わないからだろう。もしかしたら彼女自身に問題があるのかとすら思ってしまう。スーザン・ケイグル名義でリリースした2006年の1stの頃は、ここ日本でも結構なプロモーションが行われ来日ツアーライヴまで敢行したというのに。
ま、いずれにせよ商業ベースに取り込まれずに、自分の音楽を自分のペースで創作していってもらいたい大事なアーティストだ。

■■+1枚■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ロック魂溢れるワールドビート!

Amadou & Mariam(アマドウ・エ・マリアム)-『Folila』

Amadou & Mariam

これは今年聴いた中でも最もいけていたワールドビートミュージック!どうしても外せないので追加。

1980年に結成されたマリ出身の盲目の夫婦アマドウ(G・V)とマリアム(V)のデュオユニットの4年ぶりと7枚目のアルバム。

アフリカの中程に位置するマリ出身。1980年に2人で活動を始めるベテラン。アフリカンビートを核にワールドワイドで多国籍な音楽や楽器を取り入れオリジナルな音空間を創っている。なによりアマドウが奏でる強烈なギターはロック・スピリッツに溢れ、楽曲に緊張感とエネルギーを与えていてただなら民族音楽に留まらせていない。そのサウンドは『アフロ・ブルース』と呼ばれる。現在も世界的にライヴ活動を行っている。

Released 2012.4.10
広告
 
コメントする

投稿者: : 2012年12月29日 投稿先 4.Other(その他)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。